性感 大阪おとなストレッチ

ストレッチの効果

その差は歴然!!ヤッて損なし!
集中力の維持
そもそも集中力が低くなる主な原因とは何か? それは筋肉の委縮です。 勉強やデスクワーク中は手先以外の筋肉を動かさないため、筋肉周辺の血行はどんどん悪くなっていきます。 その結果、やりたいことが手につかず集中力減退に。 ストレッチはそんな悪くなった血行を良くし、集中力の維持に貢献します。 仕事中、眠くなった時などストレッチは高い効果をもたらしてくれますよ。
可動域の拡大
稼働域とは体の動かせる範囲のことを指します。 稼働域の狭い男性は身体全体のバランスが崩れやすく、怪我しやすい傾向にあります。 毎日ストレッチを行うことで少しずつですが、関節や筋肉の稼働域が広がり、怪我しにくい体をGetできますよ。
インナーマッスル強化・怪我予防
ストレッチは血行を促進し、体全体の体温上昇に働きかけます。 常に体がポカポカした状態になるため、普段よりもエネルギーを消費しやすい体に。 代謝UPはダイエットにも効果をもたらしてくれますよ。

筋肉が硬いまま、急に負荷をかけると筋繊維が切れやすく、ケガにつながりかねません。 そのため、運動前には筋肉をほぐして柔らかく伸びやすい状態にしておくことが大切です。 特に普段からあまり運動をしない方や、冬場など筋肉が固まりやすい季節は入念にストレッチすることでケガのリスクを抑えられるでしょう。
体バランスを保つ・姿勢改善
人間の体はコリや血行不良から少しずつ傾いていきます。 改善するためには正しい姿勢をキープし、軸を元に戻すことが大事です。 ストレッチはその状態を克服する最も手軽に行える方法になります。 毎日の習慣にプラスして曲がった軸を強制していきましょう。

パソコン作業が多いと無意識に肩や首が前に出てしまいます。 この姿勢が習慣化すると、その状態で筋肉が固まってしまい、悪い姿勢が常態化しがちです。 固まった筋肉をストレッチでほぐすことで、姿勢の改善を目指しましょう。
睡眠の質を上げられる
トレッチには睡眠の質を向上させる効果も。 先ほど説明した通り、ストレッチを行うと筋肉が緩み、血行不良が改善されて体温が上がっていきます。 結果として、睡眠の邪魔となる冷えやコリなどのストレスを解消することに。 寝る前のちょっとした時間を使って一層効果的な睡眠にしましょう。
4. ストレッチの種類