性感 大阪おとなストレッチ

身体の硬いデメリット

硬くてイイのはアソコだけ!
血行が悪くなる
身体の筋肉が硬くなると、筋肉の内側にある血管が筋肉によって潰され、血液の通り道が狭くなります。
血管が狭くなってしまう事で、血行が悪くなってしまうのです。 リウマチは関節に炎症が起きる病気です。
冷え性
冷え症は、血の巡りが悪い事で身体が『冷え』として感じる症状です。
血行が悪くなると、冷え性の原因にもなってしまうのです。
むくみ
むくみは血液が身体の一部の場所に滞る事によって起こる症状です。
太ももなど、胴体と下半身をつなげる関節部分が硬くなると下半身の血行が悪くなり、むくんでしまう事があります。
疲れやすくなる
疲れやすい体質の1つに、身体や筋肉が硬いというものがあります。
身体が硬い・柔らかいとうのは一般的に『関節の稼働域の広さ』が関係していると言われています。
柔らかい人は関節が動く幅が広いので、最小限の労力で身体を動かす事ができます。
体が硬い人は関節が動く幅が狭いので、同じ動きをするだけでも大きな労力が必要になってしまうのです。

例えば、椅子から立ち上がる時。
太ももの前側の筋肉・大腿四頭筋(だいたいよんとうきん)を使うと言われていますが、身体が硬いとこの他にも、後ろを振り返る時・落ちた物を拾う時など、身体の一部が硬いとその分余計な動きが増えてしまいます。
疲れが取れない
筋肉が硬いと筋肉の中の血管が押し潰され、血行が悪くなる事がありますが、血液の中には酸素や栄養など披露回復に必要な物質が流れています。
血行が悪くなるとこれらの必要な成分が上手く流れない為、疲れが取れないといった事が起こりやすくなるのです。
太りやすくなる
身体が硬い人は血行が悪くなりがちです。
血行が悪くなると、代謝も悪くなる為、痩せにくい体になってしまうのです。
肩こり・腰痛
身体が硬い人は血行が悪かったり、筋肉が硬くなる傾向が多いと言われています。
筋肉が硬くなるとコリや痛みが発生する原因にもなり、肩こりや腰痛といった症状が発生しやすいのです。
姿勢が悪くなる
身体が硬いと柔軟性に乏しい為、錆びた機械のように稼働域が狭くなります。
年齢を重ねると、関節が硬くなる+老化現象が加わる為更に身体は硬くなってしまうのです。
人間はできるだけ楽な姿勢をとろうとしますので、楽な方に楽な方に…とやっていたら「いつのまにか腰が曲がっていた」なんて事もあるかもしれません。
勃起力低下の一因に?
身体の血行が滞ることが原因となり、勃起に必要な身体機能が低下するとも言われています。
勃起との関連性
勃起との関連性の説明画像
発起は一見すると、単純で動物的な現象のように思えますが、そのメカニズムは意外に複雑です。 勃起が起こる為には、神経や血管が正常に働き、また勃起に関わるさまざまな物質が解放されなくてはいけません。

男性の陰茎には、左右一対の陰茎海綿体と、その下に1本の尿道海綿体が通っています。 このうち勃起に関係するのは、陰茎海綿体のほうです。

海綿体は細い糸のような血管が無数に集まったスポンジ状で、周りを分厚い「白膜」が覆っています。 非勃起時には、陰茎海綿体につながる血管や平滑筋は収縮した状態で、血管が中に押し寄せることはできません。 おもに毛細血管を通して、海綿体組織に栄養や酸素を運ぶだけにとどまっています。

しかし男性が性的刺激を受けると、まず脳の中枢神経が興奮し、その情報が脊髄神経を通って陰茎へと伝わります。 すると体内では一酸化炭素が放出されると、勃起にもっとも関わる「陰茎深動脈」という血管と、バルブのような役割を果たしている「螺行(らこう)動脈」がゆるみ始めます。

さらに海綿体の平滑筋も弛緩することによって、多量の血液を受け入れる準備が整います。 そして一気に海綿体へと血が流れ込み、無数の糸のような血管に血液が流れ込み、血液の圧力によって、海綿体は硬くなります。 これが勃起という現象です。

一旦、勃起すると、海綿体を覆う白膜がパンパンに膨れた状態となり、静脈が圧迫されます。 これによって陰茎の内圧が上がり、一度流れ込んだ血液が簡単に出て行くことなく、勃起が維持されます。
3. ストレッチの効果