性感 大阪おとなストレッチ

注意事項

ハメ過ぎハマり過ぎに注意
無理をしない・数回の利用で効果を期待しすぎない
無理に筋肉をのばそうとすると筋肉や腱を痛める恐れがございます。 また、柔軟性には個人差・男女差があるため、段階を踏みながら自分に合ったストレッチプログラムで継続することが重要です。
興奮を抑えない・恥ずかしがらない
ストレッチ中はトレーナーが必要以上に密着します。 また、ストレッチには全く関係のない挑発的なポーズで女性的な魅力を振りまきますが、絶対に我慢せず股間の勃起に身を任せて下さい。
積極的に取り組み過ぎない
ストレッチ効果が得られても、短期的に取り組み過ぎないこと。 適量は1日または1回で25~35分です。
逆に伸ばし過ぎも体には悪影響となります。
週に1度25~35分のストレッチ、加えて適度な性的興奮を組み合わせることで安定して最良の結果が期待できます。
リラックスして行う
精神的な緊張は筋肉(身体)の緊張に影響を与えます。 ストレッチを行う際はユックリと呼吸を整えリラックスした状態で行って下さい。
体調不良・怪我をしている時は行わない
例えば捻挫をしたとき、骨折をしたときは損傷した筋や神経等の組織の炎症を広げる可能性が高いため、当該部位のストレッチを避けて下さい。
6. 禁止事項